banner

初めてiPadを揺るがす場合、その体験は少々圧倒されます。 iPadが実行するオペレーティングシステムは異なるため、これは以前に別のブランドのタブレットをすでに使用していた場合にも当てはまります。

おもしろいことに、iPhoneを持っていて、iPadのすべての機能を既に知っていると思っていても、iPadはまだ、独自の機能とオプションを備えています。約。



テレビ番組推薦エンジン

時間を節約し、実行できるこれらの4つのヒントを見てみましょう。 のみ iPadで。

1.音量または向きを調整する

新品のiPad所有者の場合、デバイスの右上にある小さなスイッチが、必要なときにiPadをミュートするのに役立つことに気付いている必要があります。ただし、これはスイッチのデフォルト機能にすぎず、実際に変更して、iPadの画面の向きをロックするように機能させることができます。

それを行うには、 設定、次に選択 全般 そして、下で選択を行います サイドスイッチの使用:

クールなヒント: 個人的には、このスイッチを使用してiPadの回転をロックすることを好みます。ボリュームダウンボタンを数秒間押すと、iPadを簡単にすばやくミュートできるからです。

2.分割キーボード

手が小さい場合は、iPadのフルサイズキーボードで両手で押しながら入力するのが難しい場合があります。ありがたいことに、キーボードをそれぞれ半分のiPhoneキーボードとサイズが非常に似ている2つの部分に分割することができ、iPadを持っているときに入力しやすくなります。

これを行うには、iPadのキーボードに両方の親指を置き、それらを引き離します。かなりクール。

3.マルチフィンガージェスチャ

デフォルトでは、iPadにはいくつかの本当にクールで便利なマルチフィンガージェスチャが満載されていますが、これは大きな画面のおかげでしか実現できません。ただし、事前にそれらについて知っていない限り、これらのアクションを実行する貴重な時間を浪費している可能性があります。

アプリを閉じる

iPadでは、4本の指でアプリを閉じることができます。画面に4本の指を置き、ピンチジェスチャを実行するだけです。現在のアプリを「縮小」しようとしているかのように。

マルチタスク

通常、iOSデバイスで多くのアプリを開いており、マルチタスク画面を表示したい場合は、ホームボタンを数回押します。 iPadでは、4本の指を使用して画面上を上にスワイプすることで、この同じアクションを実現できます。

アプリを切り替える

これはおそらく、iPadでのみ使用できるジェスチャの中で最も近いものです。これは、ホームボタンと同等のジェスチャがないためです。アプリを開いたら、4本の指で右から左にスワイプして、使用した最新の他のアプリに切り替えます。

同様に、アプリを切り替えたら、4本の指で他の方向にスワイプして、開いているすべてのアプリに沿ってスクロールできます。

クールなヒント: これらのジェスチャーをすべて無効にするには、 全般 iPadのオプション 設定

4.ブックマークを常に手元に

ウェブを頻繁に閲覧する場合(誰が閲覧しないのですか?)、お気に入りのウェブサイトにすばやく簡単にアクセスできることが不可欠です。ありがたいことに、iPadのSafariはデフォルトでブックマークバーを表示しませんが、 設定>サファリ>お気に入りバーを表示 お気に入りのウェブサイトをピン留めし、常に手元に置いてください。

そこにあります。また、iPadでできることすべてに興味がある場合は、Guiding Techにアクセスして、このような多くの情報と便利なチュートリアルを入手してください。楽しい!