banner

別の曲に切り替えるときに、プレーヤーのイコライザー設定を手動で何回変更しましたか?長い間そうしている可能性が高いです。ほとんどの人があらゆる種類の曲を聴く(さまざまなジャンルを読む)ため、各曲にユニバーサルイコライザープリセットを設定することは意味がありません。これはほとんどのデスクトップミュージックプレーヤーに備わっています。

一方、iTunesは、このような状況では少し賢く機能します。 iTunesを使用すると、ユーザーはライブラリにあるすべての曲に異なるイコライザー設定を設定でき、次回iTunesを起動した場合でも設定を記憶します。

面白そう?それでは、個々のトラックに異なるイコライザー設定をセットアップする方法を見てみましょうが、まずはここからいくつかの基本から始めましょう。

iTunesでイコライザーを構成する方法

クリック 表示->イコライザーを表示iTunesイコライザーを開きます。イコライザー効果をオンにするには、先に進み、オンにチェックを入れます。デフォルトでは、iTunesには多くのサウンドエフェクトプリセットが設定されています。ドロップダウンメニューをクリックして、いずれかのエフェクトを選択するだけです。エフェクトはすべての曲に適用され、iTunesですぐに再生されます。



6バンドイコライザーの手動調整に関する知識がある場合は、 手動オプション ドロップダウンメニューから、マウスを使用してバンドをスライドさせます。プリセットを直接編集することもでき、iTunesはモードを手動モードに自動的に変更します。

バッグのようなアプリ

完璧に見えたら、リストで「プリセットを作成」オプションを選択し、新しく構成した設定を保存できます。簡単にするためにプリセットの名前を編集する必要がある場合は、 リストの編集オプション

ソングごとに異なるイコライザー設定を設定する

ここで重要なのは、ここでいくつかの効果音を設定すると、ライブラリ内のすべての曲に適用されることです。ほとんどの音楽プレーヤーがそうです。しかし、すでに述べたように、iTunesはずっと賢い。異なる曲に異なるイコライザー効果を簡単に設定できます。

トラックに異なるイコライザーモードを設定するには、最初に特定の属性をアクティブにする必要があります。 iTunesで、名前、タイトル、アーティストなどを保持するトップバーを右クリックし、メニューからイコライザーを選択します。各トラックには、小さな矢印の付いたイコライザー属性がすぐ隣にあることがわかります。

曲に別のイコライザーを選択するには、矢印をクリックして、トラックに最適と思われるものを選択するだけです。リストには、ユーザーが作成したすべてのエフェクトも含まれます。 iTunesがカスタムイコライザー設定で特定のトラックを再生するたびに、自動的に変更されます。トラックが終了すると、EQ設定は次のトラックのデフォルトに復元されます。

結論

パーティー用に連続したプレイリストを作成する必要がある場合、このトリックは非常に役立つと確信しています。重金属にはRockを、リストに並んでいるクールなポップソングにはPopが必要です。はい、最初は少し手作業が必要ですが、その後は毎回変更する必要はありません。

バッテリードクターiphone

トップ画像クレジット:impresa.mccabe