banner

はい、あなたはその権利を読んでおり、これは空想科学小説ではなく、非常に現実的なものです!韓国のロボット企業-Hankook Mirae Technology-は、巨大なロボットが最初の赤ちゃんの一歩を踏み出すのを支援しました。

クリエイターによってその種の最初として主張されて、韓国のソウルで訓練されて、テストされているロボットは、方法-2と命名されました。

赤ちゃんの足で地面を横に振った1.5トンのロボットは、映画「アバター」のロボットと非常によく似ています。人間の介入で操縦できる座席もあります。

「私たちのロボットは、世界初の有人二足歩行ロボットであり、人間が行けない非常に危険なエリアで動作するように設計されています。ロボットは1歳なので、赤ちゃんの歩みを進めています。しかし、人間と同じように、今後数年間でより自由に動くことができるようになるでしょう。会長のJin Jin-Ho told phys.org。



ロボットの初期テストは火曜日に実施され、30人以上のエンジニアがプロジェクトを見下ろしました。

YouTubeで公開されたビデオでは、方法2の内側に座っているパイロットが両手を動かしており、重量はそれぞれ130キログラムで、前後に数歩歩きます。

ロボットはつながれた電力で動作し、独立した電源が接続されるまでに時間がかかることがあります。これには時々充電する必要があります。また、太陽エネルギーを使用することもできます。

Method-2のモデリングでHankook Mirae Technologyと密接に協力しているデザイナーのVitaly Bulgarov氏は、「このロボットでこれまで学んできたことはすべて、現実世界の問題を解決するために適用できます」と述べています。

ロボットも非常に重く、背が高く、移動すると地面を揺らします。

ロボットは、建設から娯楽までさまざまな業界からの問い合わせをすでに受け始めていると同社は主張しているため、ロボットのバランス調整と電源バックアップのニーズには、依然として多くの作業が必要です。

グーグルプッシュブルトロール

同社は2014年以来、プロジェクトに2億ドル(2,420億ウォン)を投資しており、2017年末までにロボットが830万ドル(100億ウォン)の価格で販売できるようになることを期待しています。

また、Method-2は、特に韓国と北朝鮮の国境の故郷である、世界中の国境警備に使用される可能性があります。この巨大ロボットの軍事応用はすでにアバターで目撃されています。